読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hamachobiの鯉日記

カープに関することを書いていきます

今日のカープニュース:「広島・黒田 マウンドにお別れ 「クロダ」コールの中、膝ついて涙に暮れる」

www.daily.co.jp

「2016広島東洋カープ 優勝パレード・優勝報告会」開催!

41年ぶりの優勝パレードからのマツダスタジアムでの優勝報告会優勝報告会のチケットも抽選で外れたので、うちでネット観戦。広島じゃ、何局ものテレビ局が生放送しているというのに、東京じゃ観れないのかと思いきや、なんといくつかのテレビ局がウェブサイトでも生配信してくれたので、リアルタイムで観れた。しかも、テレビにキャストできたので感覚的にはテレビを観てるのと変わらなかった。便利な世の中になったものだ。

パレードの人出も41年前を超える31万3000人というものすごい数。広島の街の盛り上がりも想像できる。

その後に開催されたズムスタでの優勝報告会世良公則の開催宣言で始まり、県知事、広島市長の祝辞のあとの「あなたに見せたかった~25年間に亡くなったファンの関係者をご招待~」という企画では、はだしのゲンの作者、亡くなった中沢啓治さんの奥さんが出てきて代表者として挨拶。

この企画のときにすでに泣きそうになったんだけど、緒方監督、小窪の挨拶に続いて、ファンも選手も一緒になって「それ行けカープ」を歌ってジェット風船を飛ばしたときには、なんか幸福な気分になれた。

チャンピオンフラッグを持って場内一周したら、待っていたのは黒田の引退挨拶。そして、黒田が場内一周しながらサインボールをスタンドに投げ入れた後は、黒田の胴上げ。9月10日のセリーグ優勝のときは、東京ドームでの胴上げだった。その時は黒田も涙を隠しながらの胴上げだったが、今回は終始笑顔。今回は、湿っぽくならず、爽やかに終わるのかなって思ってたら、そんなことはなかった。

胴上げの後、黒田はチームメート一人ひとりに、握手し、ハグしたあと、一人マウンドの近くに残り、跪いて、祈りを捧げるような姿勢を取りながら、涙を拭うような素振りを見せた。それを見たら、もうダメ。

号泣。

ズルいよ、黒田。最後の最後まで、こんなにカッコいいなんて。この喪失感、どうしてくれるんだよ。

さらば、黒田。

ありがとう、黒田。

オレたちカープファンを世界一のファンって呼んでくれたこと、生涯忘れないよ。

15番よ、永遠に。