読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hamachobiの鯉日記

カープに関することを書いていきます

今日のカープ本の新刊:『広島カープがしぶとく愛される理由』

 

広島カープがしぶとく愛される理由

広島カープがしぶとく愛される理由

 

 まさかの日経BP社から出るカープ本。

勝っても負けても、カープが好き。
続けることが、負けないことだ!

25年振りのセ・リーグ優勝を果たした広島カープ
経営資源が限られる中で若手を育てつつ、ファンを拡大し復活を遂げた。
松田元オーナーをはじめとする関係者への取材を通し、
その歴史や戦略を振り返りながら、
「勝っても負けても愛される」市民球団・広島カープの強さのヒミツに迫る。

 強くなると、こういう本が出るんだよねってあんまり期待してなかったけど、アマゾンの内容紹介読んだら面白そうなんで、予約。

ビジネス色が強いのかなって思うと、それだけじゃなくて、古葉竹識や北別府といったOBのインタビュー、さらには「流しのブルペンキャッチャー」、安倍昌彦氏まで出てくる。たしかに面白そうだ。

 

【主な内容】※現時点での予定です。変更となる場合があります
第1章 カープの経営はこう変わった ~テレビ重視からファン重視へ~
カープが勝てば広島が沸騰する!
地元経済効果は340億円、広島電鉄は最高益、観光客増でお好み焼きが売れる
●広島カープの歴史から見る、愛される理由
戦後の市民球団/「樽募金」/初優勝、そして黄金期/低迷期/
カープ女子」誕生~現在まで
●長く低迷が続いた広島カープがなぜ復活したのか?
◇ロングインタビュー 松田元 ――広島東洋カープオーナー
「どんなに逆風と言われても、絶対勝つ道があるといつも信じていた」

第2章 ヒット連発! カープグッズのつくり方
●なぜ、グッズをつくるのか?
●グッズにはどんなものがある?
●名物・Tシャツづくりの流れ
●足を使って商品開発! ――マスキングテープ誕生
●ありきたりなカープグッズはつくらない! ――田中食品
◇インタビュー松田一宏――オーナー代行
「スピード最優先! Tシャツを翌日発売するために、自社工場まで用意しました」

第3章 新球場の主役は選手ではなくお客さん
マツダスタジアムとはどんな球場なのか?
カープ女子もびっくり、3世代が楽しめる球場に
●モデルはアメリカの3AAの球場
◇インタビュー 仙田満 ――建築家・マツダスタジアム設計者
「実は、目指したのは遊園地」

第4章 選手がファンと育つチーム ――なぜファンが増え続けるのか
●ファンと選手が一緒に育つ「原石育成」感
●選手にある物語性――黒田、新井、野村、津田・・・
●広島人によるしつこくかつ丁寧な「説伏」
●対東京・対大資本!
◇インタビュー 古葉竹織 ――元・広島東洋カープ監督
「ファンに喜んでもらうことがプロとして何よりも大切」

第5章 スカウトの選球眼
●原石を選ぶスカウトの選球眼――スポーツライター・安倍昌彦
◇インタビュー
北別府学 ――元・広島東洋カープ選手
「かえって日本一にならなくて良かった。
選手が負ける悔しさをしれば、チームはこれから本当に強くなる」

◇資料編◇
広島東洋カープの歴史/書籍一覧