読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hamachobiの鯉日記

カープに関することを書いていきます

今日のカープ本:『根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男』

 

根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男

根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男

 

 集英社Web Sportivaのサイトで連載されているときも、時々読んでいたんだけど、単行本化されたので改めて読んでみた。

もちろん根本陸夫は西武やダイエー時代の活躍のほうが有名な人だったけど、60年代後半にカープのヘッドコーチ、監督を務め、カープを史上初めてのAクラスに導き、75年の初優勝の礎を築いた功労者であるので、カープの歴史の中でも語り継がれるべき人だと思う。

カープ時代のエピソードは、衣笠祥雄が語り部となり紹介しているんだけど、分量的にはこの本のごく一部。ただ、その時の根本の進めてきたチーム改革がカープの初優勝、そしてそれに続く黄金期の基礎を築いたことは間違いあるまい。そして、そのカープのチームカラーが少なからずも今のカープにも受け継がれているのだろう。

この本自体の面白さは、カープ時代の根本よりも、西武、ダイエー時代のほうが大きいけど、カープファンとしては、初優勝以前の歴史を知れる数少ない本だと思う。そういいう意味でも面白かった。