読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hamachobiの鯉日記

カープに関することを書いていきます

今日のカープ本の新刊:野村謙二郎『野村の考え。やる気にさせる組織の作り方』

カープ本 カープ 野村謙二郎

 

野村の考え。やる気にさせる組織の作り方

野村の考え。やる気にさせる組織の作り方

 

 野球本で野村って言うとノムさんこと野村克也と思いきや、カープの前監督のノムケンの新刊。

長いけど、Amazonの内容紹介を引用。

2010年から5年間カープの監督を務め、それまで万年Bクラスだったチームを立て直し、13年には初のCS進出を決めた野村謙二郎氏。さらに翌14年もCSに進出し、優勝が狙えるチームを作り上げました。昨年、カープは25年ぶりにリーグ優勝を果たしましたが、それは前監督の野村氏が種をまき、水をやった成果が、ここへきて大きく花開いたものであり、これから始まる“黄金時代"の基礎を作ったと、もっぱらの評判です。そこで、メジャーの知識も豊富で理論家である野村氏に、自身の野球に対する取り組み方・考え方、チーム・マネジメントなどのなかで、一般の会社にどう応用できるかということについて大いに語っていただき、一冊の本にまとました。カープファン、野球ファン、ビジネスパーソンなど、多くの人に贈る「人を育てる組織」の作り方。

 たしかに、ノムケンがカープの去年の優勝の下地を作ったのは間違いないと思うんだけど、ビジネス本ぽいタイトルや内容紹介を読むと買おうか買うまいか迷ったけど、とりあえずAmazonで注文。

去年の優勝からいろんな人がカープ本を書いてるけど、まだまだ続きそうだね。