読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hamachobiの鯉日記

カープに関することを書いていきます

今日のカープ本:『黒田物語 〜永久欠番「15」の軌跡』

 

黒田物語 〜永久欠番「15」の軌跡

黒田物語 〜永久欠番「15」の軌跡

 

 去年のシーズンオフ、黒田の引退後に中国新聞で連載してた記事をまとめたもの。この本を読むと、なぜ黒田の背番号15が永久欠番になったのかが良く分かる。日米通算200勝という成績だけでなく、黒田という男の心意気や存在の大きさが、彼をカープのレジェンドにした。

本当に「いい漢」だった。ありがとう、黒田。いつでも、戻ってきてくれ。

なんなら、現役復帰して、カープの窮地を救ってくれてもいいんだよ。

f:id:hamachobi:20170525210901j:plain

f:id:hamachobi:20170525210919j:plain

f:id:hamachobi:20170525210933j:plain

 

lovecarp.hatenablog.com

 

2017-05-24 カープ第46戦(マツダスタジアム)◯ 6対1 ヤクルト(26勝19敗1分)大瀬良、6回無失点。2勝目。

baseball.yahoo.co.jp

ノムスケが腰痛で登録抹消され、先発ローテーションが厳しくなった矢先に、大瀬良が好投して2勝目。

今シーズンは、好投してても、5回、6回に崩れることが多かった大瀬良だったけど、今日はなんとか踏ん張り、見事勝ち投手。

打線も、丸が先制打も含む2打点。誠也も貴重な追加点となるホームラン。

これでヤクルトに連勝。

しかし、なんでこうホームでしか勝てないんだろう。内弁慶にも程がある。

 

2017-05-23 カープ第45戦(マツダスタジアム)◯ 3対2 ヤクルト(25勝19敗1分)薮田、おめでとう。中崎、おかえり。ノムスケ、大丈夫?

baseball.yahoo.co.jp

ノムスケが、3回2失点で降板。おそらく、アクシデント。

その後を継いだ新婚の薮田が3回を無失点で抑えたのが勝因。

今まで、こういう接戦をことごとく負けてたのは、中継ぎ陣が踏ん張れなかったから。

先頭バッターを簡単に歩かせては失点を繰り返してた。それは薮田も同じだった。

でも今日の薮田は、無四球。良かったよ。結婚、おめでとう。

そして、中崎が戻ってきた。球速も戻ってきたし、良かった。おかえり、中崎。

久し振りにピッチャーで勝った試合だった。

ただ、途中降板したノムスケが心配。

大事にならなければいいが...

今日のカープグッズ:「ファミスタ30周年×広島東洋カープ 菊地と丸の缶バッジ」

ファミスタ30週年を記念したシリーズの第2弾。その前にもファミスタとのコラボは出てたような気がするけど、30周年記念としては第2弾ということなのかしら。

ファミスタ30周年×広島東洋カープ | MEETSCALストア | Parco Produce Shop

まずは、丸。丸と言ったら、この敬礼ポーズ。

f:id:hamachobi:20170522214919j:plain

そして菊池は、センター前に抜けようかという当たりをファインプレーで阻止するところ。

f:id:hamachobi:20170522215024j:plain

やっぱり、カープはキクマル。

 

lovecarp.hatenablog.com

 

 

lovecarp.hatenablog.com

 

 

lovecarp.hatenablog.com

 

2017-05-21 カープ第44戦(ナゴヤドーム)● 4対7 中日(24勝19敗1分)情けないぞ。

baseball.yahoo.co.jp

まさかの最下位中日に三タテを喰らうという情けなさ。

特に、一人として無失点で抑えられた人がいない投手陣。福井、一岡、薮田、情けない。

それと守乱。

とにかくミスが多い。

しっかりしようよ。

今日のカープ本:『黒田博樹 永遠の「15」』

 

黒田博樹 永遠の「15」 (TJMOOK)

黒田博樹 永遠の「15」 (TJMOOK)

 

 だいぶ前に買って、もったいないから読まずに取っておいた黒田の引退記念本。

表紙カバーがリバーシブルになってる。

f:id:hamachobi:20170521145839j:plain

編集者もよく分かってる。

カバーを取ると、こんな感じ。こちらも意気込みを感じる。きっと、この本を作った人ってカープファンなんだろうね。

f:id:hamachobi:20170521145952j:plain

目次。

f:id:hamachobi:20170521150059j:plain

黒田の歴史をまとめた素晴らしい一冊でした。

2017-05-20 カープ第43戦(ナゴヤドーム)● 1対2 中日(24勝18敗1分)ピッチャーが頑張りゃ、打線沈黙。

baseball.yahoo.co.jp

まさかの最下位中日に連敗。今年は接戦に弱いね。

今日の先発九里は決して良かったわけじゃないけど、7回2失点。

こういう風に先発が頑張ったときぐらい勝って欲しいけど、打線が沈黙。イヤな流れだね。

2017-05-19 カープ第42戦(ナゴヤドーム)● 3対5 中日(24勝17敗1分)結局、こういう試合を勝ちきれない。サヨナラ負け...

baseball.yahoo.co.jp

情けない。去年は、こういう試合に勝ててたんだけど、今年は取りこぼす。

中日に歯が立たない。悔しいなぁ。

2017-05-18 カープ第41戦(マツダスタジアム)◯ 9対2 DeNA(24勝16敗1分)中村祐太、2勝目。プロ初ヒットも。

baseball.yahoo.co.jp

先日、プロ初登板初先発初勝利をあげた中村祐太が二試合目の先発。いきなり初回に2点を失ってちょっと心配したが、その裏に味方が4点を取ると、その後は、前回の登板よりもいい内容で、6回2失点。7奪三振からも分かるように、なかなか切れのある珠を投げてた。

打線も昨日の敗戦の原因を作った誠也と安部のタイムリーなどで初回に逆転し、丸、エルドレッドのホームランなどで9点を援護。

そのうちの1点には、中村祐太の初ヒットも絡んでる。

中村祐太が、崩壊したカープ投手陣の救世主になるかも。期待しよう。

今日のカープグッズ:「BBM 広島東洋カープ ベースボールカード 2017 BOX、開封」

今年のBBMカープセットが届いたので早速開封。

とりあえず、さきのプレミアムセットでは、鈴木誠也の10枚限定の直筆サインが出たので、こちらも期待して1ボックス開封。

f:id:hamachobi:20170518224602j:plain

シリアル付きのパラレルは、會澤のインサートパラレル。

f:id:hamachobi:20170518224710j:plain

そして、嬉しかったのは、中崎の直筆サインが出たこと。

f:id:hamachobi:20170518224803j:plain

早く戻ってきてくれえ~ 待ってるよ。

 

 

 

 

今日のカープ本:『週刊ベースボール 2017年 5/29 号 』はエルドレッドが表紙。

 

 今週の週刊ベースボールは、エルドレッドが表紙。相変わらずのいい男。

f:id:hamachobi:20170517222343j:plain

外国人特集だけど、エルドレッドも大きく取り上げられている。「カープはファミリーだ」っていいこと言うね。

f:id:hamachobi:20170517222501j:plain

f:id:hamachobi:20170517222555j:plain

西村公良球団通訳が語る「なぜエルドレッドは愛されるのか!?」って言う記事もいい。

エルドレッドファンとしては、必読。まさか、ブラッドがSuicaを買って東京で銀座で寿司を食べに行ったとは。銀座で見たらビックリするだろうね、あの大きさには。

この記事の中で西村通訳が印象深い試合として挙げてる2014年6月15日のロッテとの交流戦での逆転満塁ホームランは、自分も現地で観てたんだよね。あれ以来、ブラッドは、自分にとっては、「神」であり「救世主」。彼が引退するときには、きっと泣くだろうな、自分。

2017-05-17 カープ第40戦(マツダスタジアム)● 4対5 DeNA(23勝16敗1分)守乱で痛恨の逆転負け。情けない

baseball.yahoo.co.jp

9回まで4対1で勝ってたのに、9回に味方の酒乱で今村が同点に追い付かれると、延長10回に一岡が先頭フォアボール、自分のエラーからピンチを招き、あっさり決勝点を許す。

なんという無様で情けない試合。

先発の大瀬良は、相手ピッチャーに一発を浴びるというミスもありながら7回1失点を投げきりながら、勝ちは得られず。

しかし、今年は、こいう試合が多いなぁ。とても悔しい。

とても野球が雑になった。

2017-05-16 カープ第39戦(尾道)◯ 10対1 DeNA(23勝15敗1分)ノムスケ3勝目。ノムスケの安定感が頼りになる。

baseball.yahoo.co.jp

終わってみれば大量の点差。しかし、この試合の勝因はノムスケの7回1失点の好投。

こういう投球を先発がしてくれれば、安心してみてられるんだよね。

2017-05-14 カープ第38戦(マツダスタジアム)◯ 8対1 巨人(22勝15敗1分)九里、久し振りの勝利。誠也の勝ち越しホームランも良かったが、石原のツーラン空振りの伝説はもっとスゴイ。

baseball.yahoo.co.jp

ここのところ、いいところがなかった九里。おそらく今日ダメだったら、先発失格の烙印を押されたであろうが、なんとか免れた。初回に先頭バッターへのフォアボールから失点したときには、またダメかと思わせたけど、その後、なんとか立ち直り、六回一失点で三勝目。

打線は六回まで一点と田口に抑えられていたが、六回の裏に誠也がイヤな雰囲気を振り払うような完璧なツーランホームラン。

そこから流れはカープに。

そして、球史に残る出来事が八回の裏に起こる。

ワンナウト二、三塁のチャンスに打席には石原。もうこの時点で、何かが起こりそうな気配がしたが、なんと石原がスクイズしようとして空振り。

その投球が暴投となって、三塁ランナーだけでなく二塁ランナーまでホームイン。ツーランスクイズは、まれに起きるけど、ツーラン空振りは観たことないな。石原らしいといえばらしいが。

 

今日のカープ本:『TJHiroshima2017年4月号「今年もカープがNo.1!」の通常版と限定版』

 

TJHiroshima2017年4月号「今年もカープがNo.1!」通常版

TJHiroshima2017年4月号「今年もカープがNo.1!」通常版

  • 作者: 株式会社アドプレックス,TJHiroshima編集室
  • 出版社/メーカー: 株式会社アドプレックス
  • 発売日: 2017
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログを見る
 

 広島のタウン情報誌。毎年、開幕前にはカープの特集を組んでいる。

今年も通常版と誠也の表紙の特別版を購入。限定版には誠也のポスターがついている。

f:id:hamachobi:20170514112047j:plain

f:id:hamachobi:20170514112058j:plain

誠也のポスター。

f:id:hamachobi:20170514112158j:plain

表紙は違うけど、中身は一緒。

カープファンの著名人。野村宗弘桝本壮志、ギース尾関、うえむらちか石田敦子といったよく知られた人たち。特に野村宗弘の記事は良かった。

f:id:hamachobi:20170514113435j:plain

f:id:hamachobi:20170514113509j:plain

「チームを支える!こんなお仕事」って記事では、普段あんまり目にしない裏方さんたちを紹介。

有名どころでは、佐々岡二軍投手コーチ。元気そうで何より。

f:id:hamachobi:20170514113752j:plain

去年の11月のファン感の写真もいい。

f:id:hamachobi:20170514114056j:plain

この本を読んでると広島に行きたくなる。今年はチケットが手に入らなくて、行けないのが残念。